スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将官用コルヴェット建造記

材料集めで1番入手が難しそうだった杖のバザー売りがあったので作ってみました。
他の部品は原材料商館調達で製造す。
中型は開拓地に出かけなきゃならない大型と違い部品作りが楽で良いですね。


まずは船体を作ってみる。
2.jpg
wikiの情報(12/15現在)には将官用平甲板型中型船体が船体として記されているので注意を。
3.jpg
耐久強化さえしておけば売るにしてもどうにでもなる?ということから強化ロープで耐久強化。
4.jpg
5.jpg
-19%で25,347,000D也
中型の値段とはとても思えない…
それ以上に建造日数が60日と言うところに驚くべきか…

性能緒元

8.jpg

移動により若干熟練が上がっています。

7.jpg

補助帆3
特殊兵装1
追加装甲2
側舷砲4


6.jpg

船員配分領域(21-63)
必要船員16人
砲門配分領域(22-63)


まず16*4で運用するには砲門が1足りないので強化必須。
また船員がどう考えても足りない。
公式計算法で考えると最低でも80人必要。
0.875で考えて73人?かな。
と言うことで16*4で運用するには船室強化必須。

鳴り物入りの割りにあの中国船と比べると微妙過ぎないかと。
グラも普通のコルヴェの使い回しっぽいし…
思わず佐官用や尉官用がどこかに眠っているのだろうかと期待したくなります。
…階級が低い船の方が性能良いなど普通はありえないのですが…


スポンサーサイト

ロイフリの存在価値③

16門砲の実装により砲数が増えることになりました。
人によって船首尾砲は首砲しか使わないという人や
全く使用しないと言う人もいるでしょうが
それぞれに16門砲と船首尾にエンジェル砲を搭載した場合

公用戦列
砲5(80)+首1(+8)尾1(+10)=98 
 
公用装甲
砲5(80)+首1(+8)尾1(+10)=98 

公用ロイフリ
砲5(80)  +   尾1(+10)=90

となります。

では次に16門砲と船首尾砲を搭載した場合
それぞれがフルファイヤー出来るか否かを検討するしてみます。

wikiに出ている情報に、光栄の公式な攻略本とでも言うべきプレイヤーズバイブルに
フルファイヤーが出来る条件として書かれている

必要船員数+装備した全砲門数

これらを元に搭載した場合

公用戦列 (必要船員数55+98=153)
公用装甲 (必要船員数56+98=154)
公用ロイフリ(必要船員数40+90=130)

では、それぞれの最大船員数はどのようになっているか

公用戦列   150
公用装甲   168
公用ロイフリ 112

wiki経由のプレイヤーズバイブルの情報を正しいとするならば

最大船員からそれぞれのフルファイヤーに必要な船員数は

公用戦列 ( -3)
公用装甲 (+14)
公用ロイフリ(-18)

装甲戦列以外ではフルファイヤーすることが不可能と言うことになります。

ではフルファイヤーできない戦列とロイフリの船尾を外した場合はどうなるか

公用戦列 (+7)
公用ロイフリ(-8)

これにより戦列は辛うじて?実戦使用可能なレベルではあるものの
ロイフリはフルファイヤーできない結果に。

このことからロイフリに16門を搭載して使用したい場合には
強化過程で船員を最低+8人増やす必要が出てきます。

これはつまりロイフリの強化限度は4でありますので
そのうち兵装強化分を最低2つ(船室強化部品は全て+2~+6、平均値+4)は
船室強化として回さざるを得ず、他の性能を犠牲にすることになります。
これにより☆5強化可能である戦列に更に差をつけられるものになります。

続きを読む

プロフィール

コールレート

Author:コールレート
サーバー:Euros
国籍:ポルトガル
冒険Lv54
交易Lv65
海事Lv65

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
過去ログ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
画像利用規約
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。