スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の話題のひとつについて。

他のことで忙殺されて更新がなかなか。
とっくにvic2は終わってはいるのですがどうにもこうにも・・・

全然話は変わってFXについて。
といっても外為のあれではなく次期主力戦闘機選定について少々。

(この記事を書いている人は、
現代戦闘機やその運用についての知識は一般人に多少毛が生えた程度のものしか持ち合わせていないことを
念頭に読んでいただければ。)


さて、F35が開発遅延から脱落かと思いきや
一部生産を認めるとやらで再び最有力になっているようなのですが
そんなにF35がいいのかなと。

問題点1 価格と維持費
日本向けは1機6,500万$とかいう話もありますけど
絶対にこれ、ある程度量産された時点での値段じゃないかと思ってしまうくらい安い。
1億$は軽く超えると言う報道もあり、
加えて日本で一部生産ってことで最終的に相当吹っかけられるのではないかと。
また、ステルス機はそのステルス性を維持する為の経費が相当かかる模様。
そして高いお金出して買って(一部生産)維持している機体は恐らくモンキーモデルですよって言うオチ。
いくら円高とは言え現在と将来の財政状況を考えたら
決して対費用効果の高い機体とは言い難いのではなかろうかと。


問題点2 一部生産
F15で認められたようなライセンス生産が絶望的な状況である中
国内での戦闘機製造技術の維持の観点から言って一部生産ではそれが不可能。
2次大戦時、世界初のジェット戦闘機やロケット戦闘機を開発し当時世界最高水準の技術を有したドイツも
戦後、開発を禁じられて技術を失いましたし、
日本が独自での航空機(特にエンジン)を開発できない原因として戦後10年以上航空機開発を禁じられた
過去があると言われています。
一度技術を失ったらそれを取り戻すは容易ならずです。
完成品を買ってその分を安くするという考えもあるでしょうけど、
一定の技術力を維持することは国防と経済上必須だと思います。

問題点3 迎撃機としての能力
カタログスペックは所詮カタログスペックなのですが…
速力、航続距離、上昇力、上昇限度と迎撃機として重要項目は対抗馬のユーロファイターの方が優れている模様。

問題点4 ステルス性
確かにステルス能力とアビオニクスなんぞは他の候補よりは上のようなのですが
F4の代替機にステルス性能は必須なのかと思うわけです。

F4代替機に求められる任務は迎撃任務であり
飛来する某国の航空機が防衛識別圏内に接近してきそうな雰囲気があれば
スクランブルを掛け、発進し相手が領空内侵入しないように威嚇するのが主任務です。
一方、侵犯側の目論見としては
1.対象国の迎撃体制等の確認
2.政治的意図(先月のロシアのTu95など)

この際、迎撃機に無駄にステルス性能があった場合、
侵入機が迎撃機が発進したという事実に気づかないってことはないのかなと。

でもって侵入を許す結果になり領空内でトラブルになるのではなかろうかと思いまして。

無線などで「(迎撃機が上がって)マークしてますから」的な退去警告を出すのでしょうけど
侵入機にしてみたらレーダーに映らないやつが警告していても本当にいるのか?で
目視するまで去らない→ニアミスなどのトラブルが起こりそうな気がしてならないです。

確かに実際の空戦になることを考えればステルス性能が優れるF35が相当優位なのでしょうが
実際、起こるであろう水際での専守防衛での抑止力(スクランブル任務)が本質であることを踏まえると
目に見える方が現実的な抑止足りうるのではないかと。

問題点4はかなり素人過ぎる考えであると思いますが思いつくままに書き綴ってみました。
とりあえず
結論としては、F4代替はF35ではなくユーロファイターでいいだろうと。
最後の対抗馬F18は開発元のアメリカでは艦戦としてしか使ってないようなので
やはり陸地運用での迎撃戦闘機としてはいささか難ありってことで除外でいいのではなかろうかと。
そしてなにより元の設計が30年近くも前の機体。
にも拘らず改良でこの時期までやってこれてるってことは基礎設計が優秀なんでしょうけどね。

ではなぜユーロファイターか

安くはなかろうがF35よりは確実に安いであろうしライセンス生産を完全に認め
且つ改造も自由にできることからEU系の航空技術の会得の機会
日本に適した改造や選択が可能(まぁ難しいでしょうがマーリン転換で化けたP51みたいな可能性も…)
そして強みとして実戦を経験している実用機であること。
経済危機でやばいユーロに恩を売れる(対中武器禁輸の継続)

F15系統保有の某隣国が早期にF35を装備した場合(最有力らしい)は性能的には劣るものの、
そこはF15の代替の時期になって対応すればいいし
ユーロファイターを導入することによりF15代替の際、アメリカへの揺さぶりともなる。
将来的には蓄積した技術で自主開発は無理でも共同開発(こちらは武器主出三原則を変えなければ無理だが)に参加して欲しいところなどといったところでしょうか。

まぁどれになるにしても
基地移転問題やTPP関連で揉めてるからここはアメリカに花を持たせるなどといった外交的決断ではなく
純粋に国防上の要請での決定をしてほしい限り。
スポンサーサイト

vic2 プロイセン その2

デンマークを下した次はオーストリアとフランスとなる。
両国のうち与し易いから攻めればいいのだが、大ドイツでの統一を考える今回は
フランス→オーストリアの順番で戦争を仕掛けることにする。

と言うのも大ドイツでのドイツ帝国成立要件としてオーストリアの列強ではなく且つプロイセンの勢力圏下という条件があり、これを一発で達成するにはまず、列強として君臨しているオーストリアのポイントにおける工業力が占める割合が高いことであり、要は工業力が0の場合、確実にオーストリアの代わりに列強となる準大国の存在が必要となる。この列強予備軍の準大国が成長するまで多少時間が掛かるので先にフランスを下していた方が早く大ドイツ統一が達成できる(もっとも一発達成を目指さないなら早くすることは可能だと思う)
また、今回の場合オーストリアとフランスが同盟を結んでいた。この場合、先にオーストリアに宣戦布告したならば、フランスは確実に参戦してくるが、オーストリアの場合はある程度プロイセンとの友好度があれば参戦してこないことが多く、元々の友好度も高いので先にフランスから攻めるのが無難であろうと。
とは言え、オーストリアの列強落ち条件が達成できそうに無いうちにフランスと事を構えるのは上策ではない。
アルザス・ロレーヌはこちらの中核州であるがフランスの中核であるので喧嘩を吹っかけられる可能性が大きい。
これにより早々に奪還してもフランスとの定期的な戦争によりオーストリアどころではない事態に陥ることになりかねない。


さて、実際のプレイの方に話を戻すと

開始後、オーストリアがデンマークに宣戦布告。
プロイセンも便乗してデンマークに宣戦布告→屈辱とシュレスヴィヒとホルシュタインの開放で講和。
ベルギーと同盟
オランダによるベルギー侵略戦争に防衛側として参戦。オランダ本土を制圧しジャワの割譲で講和。
java
汚名が9増えたが大人口を抱えるジャワ島はおいしい。

ハノーファー・ホルシュタイン・ルクセンブルクを勢力圏に追加。

この時点での国家順位を確認

countrypoint.jpg

オーストリア全土占領して工業力を0に落とした際のポイント127
準大国筆頭のポルトガルのポイント103
その差24

この時点でオーストリアに覇権戦争+屈辱で大ドイツの条件達成可能を確認したので
出遅れた感があるものの1845.4-15フランスに宣戦布告

vsfra.jpg

当然のようにフランス勢力下の教皇領、サルディニア、スイスが敵側として参戦してきた。

こちらとしても勢力下や同盟関係にあるドイツ諸邦に号令を掛けたいところではあるが…

国境

赤のラインまで戦線が広がれば戦力差で手に負えない事態に陥ることが確実な以上単独で戦うことした。


宣戦布告時点での戦力

普67連隊
仏79連隊+同盟19連隊

さらにフランスが動員を掛けて来たので戦力差が

普67+22連隊
仏79+110+19連隊
となった。

彼我の戦力差がかなりひらいてしまったが、
幸いにしてプロイセン単独ではフランス国境と接しているのは水色のザールブリュッケンのみであるので
ほぼ確実にここが主戦場となる。

フランスとその同盟軍はこちらが手薄(1個師15K)と見るやすぐさま攻め込んでくる。
こちらも敵の侵攻軍に打ち負けない程度の兵力を投入すれば敵は統制の回復していない予備役部隊もどんどん突っ込んできて最終的にフランス本土に展開する敵全軍が集まるようになる。

国境2


こちらも予備役を招集し統制を回復している間は常備軍でしのぎ
回復し次第、ザールブリュッケン防衛戦で士気が落ちた師団と交代させる、を繰り返す。
またフランス本土の部隊が集まったころを見計らい
バイエルン領カイザースラウテルンを経由し
仏領、ストラスブール、メスに侵攻

国境3

これによりザールブリュッケンに侵攻してきた敵の後背を絶ち包囲殲滅に持ち込む。

4ヵ月ほどの戦闘の後

無題

38万のフランス連合軍は19万の死傷者を出し壊滅。

敵の野戦軍を溶かした後は、ほぼ無防備な敵領地を塗り絵する簡単なお仕事をこなし
1年7ヶ月続いた普仏戦争はアルザス・ロレーヌの割譲を飲ませることで講和した。

後はオーストリア下せば大ドイツ達成となる。
プロフィール

コールレート

Author:コールレート
サーバー:Euros
国籍:ポルトガル
冒険Lv54
交易Lv65
海事Lv65

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
過去ログ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
画像利用規約
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。